子どもは豊かに伸びていく可能性を秘めています。
その子どもがすこやかに成長し、未来をつくりだす力の基礎を培う事が保育の目標です。