2020年民族共生象徴空間開設にあたり、国は年間約100万人の観光客が民族共生象徴空間を訪れるという試算をしています。町政発足以来最大の好機を迎え、多くの経済効果をもたらす可能性を持つ一方で、その恩恵を各地域に波及されるかどうか不透明な現状があります。今こそ白老町にある可能性を模索し付加価値を付け、ここでしか味わえない体験を情報社会の利便性を利用して、白老町を訪れる観光客に発信する必要があります。
 白老町の各地域には、様々な観光スポットや町の誇る名産品があります。しかしながら、他の地域や観光客に発信しての周知・交通のアクセス情報が他の地域や観光客に十分に活用することができず、白老町全体に観光による経済波及を行うことが難しい現状にあります。このことから、民族共生象徴空間の開設によって、周辺地域のみの盛り上がりで他の地域に経済波及が届かない、一極集中型になる懸念が問題視されています。我々は、同施設の来場者を見学だけで終わらせるのではなく、各地域に赴かせる、観光周遊動線の確保を立案し実行することで、さらなるまちの経済の活性化につなげます。また、白老町には様々な食材や豊かな自然がありますが、その中には町民が価値に気づいていない、眠った観光資源が数多くあります。自らの住まう町にどのような観光スポットや名産品があるのか、さらには、町民にとって日常だったものを切り取り、付加価値を付け、観光者向けにパッケージにできると、我々が中心となって、白老町民で考える機会を創出することで、民族共生象徴空間に訪れる観光客にさらなる経済効果を波及する第一歩を創出します。
 我々は「まちの声」を聞き、これからの町政やこれからを生きていく町民にとって、避けて通ることのできない地域課題に向き合います。我々が向き合う地域課題は、白老町にとって大きな魅力に変わり、誇り高き故郷を創生することを実現します。

委員長
二ノ宮 祥悟