人口減少による地方での就業者数の減少などが起きている昨今において、都市部への若者の人口流出に伴い地方の未来を担う人材が少なくなっています。牽引役となる人材不足による企業の衰退や財政規模の縮小など、様々な問題が起こりえる現状を打開するには、何事もやりきる強さ、あらゆる困難を受け止める覚悟、様々な課題に立ち向かっていく気概を備え、自らが住まうまちを是正していく真に強いリーダーを育成する必要があります。
 真に強いリーダーを育成するために、まずは、地域を牽引する青年経済人として、様々な業種や立場をもった人と触れ合い多くの価値観に触れ、積極的な変化を生み出す機会を提供することで、自己同一性の確立を行います。そして、調査、分析、企画、実行、検証、のサイクルを実行する能力開発を行うことで、何事もやりきる強さを培います。さらに、個人や組織の成長の鍵となる積極的なものの考え方をマインドセットに落とし込み、実践することで、変化に富んだ時代において避けられない困難を受け止める覚悟を備えます。また、異なる環境に身を置く若者が集い、切磋琢磨して自己啓発を活発に行うことで、このまちに降りかかる問題を即座に自分ごととして捉え、住みよいまちのために課題に立ち向かい行動できる気概を高めます。確立された自己同一性をもち、何事もやりきる強さとあらゆる困難を受け止める覚悟や様々な課題に立ち向かう気概を備えた真に強いリーダーが、様々な課題に取り組み魅力ある運動を展開することで、青年会議所の魅力が発信されます。そして、その姿を見た志を同じくする地域の若者が自ずと集うことを確信します。
 真に強いリーダーが、今ある様々な地域課題の解決に向けて真摯に取り組むことで、未来につながる魅力あるまちづくりを発信し、志を同じくした青年経済人とともに、あらゆる困難を打開し、活気溢れる明るい豊かな故郷の創生を実現します。

委員長
笠井 雄太郎